辛い食べ物をよく食べる人ほど死亡率が低い


日経メディカルによると、スパイシーな食べ物の摂取で総死亡率や癌などによる死亡率が低減、中国の大規模前向きコホート研究が示唆。

karai


Sponsored Links


スパイスの効いた辛い食べ物は体に良さそうだという印象を持つ人は多いが、その好印象を裏付ける研究結果が中国から報告された。

約50万人の中国人を対象に、辛い食べ物を食べる頻度と死亡率の関係を調べたところ、総死亡だけでなく癌、虚血性心疾患、呼吸器疾患による死亡のリスクを辛い食べ物が有意に低減することが明らかになった。詳細『本文』へ


Sponsored Links


参考:日経メディカル


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
  karai  

この記事を友達に「シェア」しよう