二匹の犬が示した「友情」


友情っていうのは、見えない。深い!

(C)和田一郎 (ICHIROYA代表取締役)
friendship

俺とお前の間にには固い友情があるんだと言っても、ふたりの間にハートマークが飛んでいるわけでもないので、見えない。
そもそも、良い歳をした大人がふたり、「お前はおれの親友だ」、「おれにとっても、お前はおれの親友だ」と言うところに出くわすことは、ほとんどない。

もしそんなシーンにでくわしたとしても、かなり気味の悪い場面としか思わないだろう。
また、何を言ったところで、言葉は空気を振動させて鼓膜に達し、脳で認識されて消えてしまう。
ほんとうに「友情」というものがあるのか、ないのかわからない。 

ただし、自分の心の状態としては、ある。
「あいつは俺の大事な友達だ」と考えることはできるし、自分が考えることはできるので、それを友情というなら「友情」が存在することは確実だ。
 
だが、他人の心の中になにかが存在するかどうかは知りようがない。
「僕の親友です」と紹介されて、びっくりすることがある。
いつから、僕は、君の「親友」になったのか?
あ、そうなのかと思い、彼は僕の中でも「親友」になったが、やっぱり考えは噛み合わなかった。たぶん、今頃、彼のほうでも、その「親友」の看板をおろしているだろう。


Sponsored Links


「友情」ってなんだ?

結局のところ、言葉ではなく、行動からその存在を類推するのが、一番確実である。「友情」の存在が行動によって証明された瞬間は、自分に関わりのないものであったとしても、僕らの心を明るく灯してくれる。たとえ、それが犬たちであったとしても。

今アメリカで話題になっているこの記事には、森の中で迷子になった二匹の犬の話が紹介されている。

一緒に飼われていたバセットハウンドとセッターが森の中に迷い込み、バセットハウンドがコンクリートの溝に落ちて出られなくなった。

セッターはそのそばを離れず、一週間後に人に発見されたのだが、どうやら、その一週間というもの、人の注意をひいてそこに連れて来ようと必死になっていたようだ。幸い二匹とも空腹で身体が冷えきっていたが、無事に保護された。
 
犬にすら、こんな「友情」があるのだ。
普段は見えなくても、僕らの間にだって、こんな「友情」が存在していることは、確実だ。


Sponsored Links


参考:HuffPost Japan


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
  friendship  

この記事を友達に「シェア」しよう