僕はバカだったので、SEALDsの国会前デモに行って、キヨシローさんの「FM東京」の替え歌を歌いました=茂木健一郎


「安保法案…バルス!」脳科学者・茂木健一郎氏が国会前で忌野清志郎の名曲「FM東京」の替え歌を披露 歌詞で安保法制を痛烈批判の件。

出典:Youtube
kenichiro_mogi

今日、こんなツイートをしています。


Sponsored Links


=ネットの意見=

「言い換えると、バカになるとは損得勘定をしなくなる、ということではないでしょうか。バカになって夢中でやらないと実現できないことは、それが非現実的であればあるほど沢山あるでしょう。だから限定的な意味でバカになることは、とても素敵なことだと思います。」

「『バカになって夢中でやらないと実現できない』
この発想の親戚が
「理屈を捏ねるな!言われたとおり先ずやってみろ!」
って前自体的な根性論に通じます。」

「頭(理)だけじゃなくて、心(仁)に耳を澄ますことのできるひとが、「魅力的」と思います。限られた経験からいえば、「バカ」なひとには、「魅力的」なひとが多いように思います。茂木兄は「魅力的」だと思います。」

「今回の安保法制に反対する時点で馬鹿を晒してる!
法案の内容も解らずに反対したのなら無責任だし、理解した上で反対してるなら馬鹿か戦争したいかのどちらかでしょ!」

「バカの自覚あるなら脳科学者とか名乗るのやめていただけませんか?アハ体験とかいう擬似科学がガチな科学だと世間に勘違いさせる原因になるし、ぶっちゃけ詐欺でしょ。」


Sponsored Links


参考:Youtube.


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう