山手線「E235系」デビュー 13年ぶり新型車両


JR山手線の新型車両「E235系」(11両編成)が30日、営業運転を始めた。車内のデジタルサイネージ(電子看板)を大幅に増やしたほか、車いすやベビーカー用のフリースペースを全車両に設けたのが特徴だ。山手線への新型車両投入は13年ぶり。

出典:www.asahi.com
photo1

出典:www.asahi.com
photo2

大崎駅(東京都品川区)で開かれた出発式で、JR東日本の梅原康義東京支社長は「山手線は多くの乗客に利用される幸せな鉄道。新型車両もしっかり仕事をしてくれると確信している」とあいさつ。ホームには初乗りをめざして約300人が集まり、都内の高校生、佐藤亮太さん(16)は「縦ラインになった車体カラーが新鮮」とカメラを向けていた。

車内の電子看板はドア上部だけでなく窓の上にも並び、1両あたりの面数は現行E231系の16面から36面に増えた。当初は中づり広告は廃止する予定だったが、「じっくり読んでもらいたい広告もある」という広告主らの声を受け、残されることになった。


Sponsored Links


出典:www.asahi.com
photo3

出典:www.asahi.com
photo4

出典:www.asahi.com
photo5

当面は量産先行車の1編成だけが走り、1日最大19周の営業運転を続ける。導入計画が順調に進めば、2020年東京五輪までには全51編成がE235系に置き換わる見込みだ。


Sponsored Links


参考:http://www.asahi.com/articles/ASHCZ5FGRHCZUTIL02B.html

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう