まゆゆ連覇ならずサバサバ《3位》スピーチ時間足りずも「大人の対応」


AKB48の41枚目シングル(8月26日発売)の選抜メンバーを決める「第7回選抜総選挙」の開票イベントが6日、福岡・ヤフオク!ドームで行われ、HKT48・指原莉乃(22)が2年ぶりの1位に返り咲いた。

mayuyu

2位は柏木由紀(23)、前年覇者の渡辺麻友(21)は3位だった。卒業を発表しているグループ総監督・高橋みなみ(24)は自己最高の4位となり、卒業生の前田敦子(23)から激励の花束を贈られた。


Sponsored Links


総選挙史上初の連覇を狙った渡辺は3位に終わった。それでも名前を呼ばれた瞬間から、晴れやかな笑顔を見せ続け、「正直、厳しいかな、とうすうす感じていたので、まー、しょうがないですね」とサバサバした様子。涙は最後まで一滴もこぼれなかった。

昨年、悲願の1位を獲得したことを「会場の景色とまゆゆコールは生涯の宝物」と振り返った。総選挙後はAKBの顔として輝きを増し、現在はフジテレビ系「戦う!書店ガール」でゴールデンドラマに主演するなど“ソロ”での活動も充実しており、この日のスピーチでも一皮向けた成長ぶりをうかがわせた。

最後は、声を挟む徳光アナウンサーに「時間ないですよね。現状に満足せず頑張ります」と気遣いと余裕を見せた。


Sponsored Links


《出典》http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150607-00000002-dal-ent


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう