丸山議員の「オバマは黒人の血を引く奴隷」発言はメディアの捏造だった


自民党の丸山和也参議院議員が国会内で「黒人奴隷が大統領になるなんて考えもしない」という発言をし 野党から「問題発言だ!」と指摘されていた。

これに対して丸山議員は「人種差別的発言はなかった」としており、民主党から辞職を求める声もあることに対して
「全くの見当違い」と返した。
この丸山議員の発言がメディアにより意図的に編集されたものだというのが判明。
メディアの報道は次の通りだ。

「例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっている。これ奴隷ですよはっきり言って」
「まさかアメリカの建国当初の時代に黒人奴隷が台頭量になるなんて考えもしない」

と発言。

maruyama2


Sponsored Links


しかし、1つ目の発言と2つめの発言はかなり端折られており実際は次の通りである。

バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっている。
これ奴隷ですよはっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。
マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。
でもですね、まさかアメリカの建国当初の時代に黒人奴隷が台頭量になるなんて考えもしない。
これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。

と、これが実際の発言である。全文で見るとなんら問題無い発言なのがおわかりだろうか。悪意のある編集なのか、 分かりやすい部分だけを編集したのかは不明であるが、編集前と編集後では意味合いが全く異なる。

丸山議員の奴隷発言とは異なるが、朝日新聞は過去に“オバマ大統領の祖先「米国最初の奴隷」 家系図調査”という 記事を公開している。記事の内容を簡単に説明すると、「オバマ米大統領は、実は米国で最初の奴隷の血をひいていた」という もので、米家系図調査会社を元に記事を起こしたもの。「米史上最初に終身奴隷となったアフリカ系男性」と書かれている。


Sponsored Links


<参考>>http://gogotsu.com/archives/15641


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう