オバマ米大統領、歴史的なキューバ訪問開始


オバマ米大統領は20日午後4時半(日本時間21日午前5時半)、キューバの首都ハバナに到着した。現職米大統領のキューバ訪問は88年ぶり。1959年のキューバ革命以来続いた対立の歴史において、大きな転換点になると期待されている。

obama

昨年夏にハバナに再び設置された米国大使館に到着したオバマ大統領は、「歴史的」な訪問だと述べた。大統領は後に、家族と歩いて旧市街も訪れた。


Sponsored Links


オバマ氏はラウル・カストロ国家評議会議長と会談し、通商や政治改革について協議する予定。キューバ政府主催の公式晩餐会も開かれる。一方で、革命の立役者、フィデル・カストロ前国家元首と会談は予定されていない。

大統領専用機エアフォース・ワンで小雨降るハバナに到着したオバマ氏は、ミシェル夫人や娘たちを伴って笑顔でタラップを降り、ブルーノ・ロドリゲス外相に出迎えられた。

詳細「BBC」へ


Sponsored Links


<参考>http://www.bbc.com/japanese/35859854


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう