「危ないと分かっていたが…」中国人留学生が京都御苑でドローンを無許可飛行 航空法違反容疑で書類送検 京都府警


京都御苑で小型無人機「ドローン」を無許可で飛行させたとして、京都府警上京署は27日、航空法違反の疑いで、中国籍で、京都市中京区の私立大1年の男子学生(21)を書類送検した。同署によると、容疑を認め、「危ないと分かっていたが、桜を撮影したくて飛ばした」と供述している。同署は墜落すれば、大きな被害が出る恐れがあったなどとして、「厳重処分」の意見付きで書類送検した。

drone

書類送検容疑は3月30日午後0時20分ごろから約2分間、航空法によって禁止されている区域であるにも関わらず、同市上京区の京都御苑敷地内で、無許可でドローンを飛行させたとしている。警戒していた皇宮護衛官が、男子学生がドローンを飛行させる様子を防犯カメラで確認、同署に通報した。


Sponsored Links


同署によると、男子学生は交際相手の女性とともに京都御苑を訪れており、敷地内の公園の上空を飛行させ、桜を撮影していたという。京都御所の上空の飛行は無かったが、当時、公園には花見客や観光客らが多く訪れていた。

ドローンは縦約30センチ横約30センチで総重量約1・4キログラム、カメラ付の中国製。男子生徒は、昨秋に市内の私立大に入学し、今年に入り一時帰国した際に中国でドローンを購入していたという。3月17日に再入国し、嵐山(同市右京区)や哲学の道(同市左京区)といった桜の名所などで、「複数回飛行させた」と説明しているという。


Sponsored Links


つづき『こちら


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう