ロシアのプーチン大統領が死亡したとの情報


プーチン氏、雲隠れ?=出張中止、健康不安説も―ロシア

【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領が今月1日を最後に、記者団の前に姿を現していない。経済紙ベドモスチ(電子版)は6日、大統領が5?7日の国内出張を急きょ全てキャンセルしたと報道。ペスコフ大統領報道官は「予定は事前発表しておらず、中止ではない」と強弁するが、健康不安説も出ている。


Sponsored Links


プーチン大統領は1日にフィンランドを訪問し、ニーニスト大統領と会談後、共同記者会見にも臨んだ。しかし、5、6両日のシベリア・極東訪問を取りやめたほか、7日の北西部ノブゴロド州出張も見送った。

6日にオバマ米大統領と電話会談したことについては、ロシア大統領府が内容を伝えたのみ。4?6日は地方首長との個別会談が写真付きで発表されたが、記者団は立ち会っていない。このような動静発表は、しばしば「事前収録」が行われることが知られており、独立系メディアは「大統領に何かあったのでは」と疑う。


Sponsored Links


–http://news.infoseek.co.jp/article/160707jijiX641/


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう