台風16号 21日未明には関東付近へ進む見込み


非常に強い台風16号は、20日午前0時すぎ、鹿児島・大隅半島に上陸し、昼ごろには四国沖、夜遅くには東海沖、21日未明には関東付近へ進む見込み。

img

非常に強い台風16号は、午前0時すぎ、大隅半島に上陸し、各地で非常に激しい雨や風が打ちつけた。

枕崎市では、横殴りの雨となり、鹿児島市や枕崎市などで、土砂災害警戒情報が出された。
また、宮崎市では、小屋の屋根が壊れ、車を押しつぶす被害もあった。
被害に遭った人は「バリバリと近づいてくるような音がした。めちゃくちゃになっていて、手のつけようがない状態」と話した。


Sponsored Links


さらに、宮崎・日向市では、午前4時40分までの24時間で、557.5mmの雨が降り、観測史上1位を記録した。

台風16号は、このあと東寄りに進み、昼ごろには四国沖、夜遅くには東海沖、21日未明には関東付近へ進む見込み。

21日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、近畿で300mm、四国と東海で250mmなどで、その後も東日本を中心に、雨量がさらに増えるおそれがある。


Sponsored Links


–http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00336716.html


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
  img  

この記事を友達に「シェア」しよう