中国、万里の長城をコンクリートで固めて無残な姿にした責任者を「処分」へ


【北京時事】中国の世界遺産「万里の長城」で行われた修復作業への批判の高まりを受け、当局は責任者を処分する方針だ。

長城は、自然風化に加えて、れんがの盗難もあり破壊が進んできた。予算や人員が限られる中、当局の文化財保護に対する意識の低さも露呈した。

「700年の歴史的国宝を無残な姿にした」と非難されているのは東北部・遼寧省で行われた地元当局による作業。この地域は、観光開発が進んでおらず「最も美しい長城」と呼ばれてきた。
2013~14年に修復作業が行われたが、最近になって、コンクリートで造った道路のようになった長城の写真がネットを通じて広がった。

当初、当局は作業に問題はなかったとする立場を示した。しかし、世論の反発が強まると方針を転換。

27日の記者会見で、少量のセメントが使われていたことを認め、責任者を厳しく処分する方針を示した。


Sponsored Links


=ネットの反応=

責任者もコンクリートで固められるの?

責任者そのものは省の共産党幹部だったり軍関係者なので、副責任者が文字通りの人柱にされます

世界三大無用の長物なんて言われてたな
万里の長城、戦艦大和、特型警備車

中国で言う処分とは…


Sponsored Links


全文は以下
–http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000066-jij-cn


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう