AKB、嵐のメンバーが「相談に乗って」で37万人がだまされた!サクラサイト詐欺事件に3年越し新展開


37万人から116億円をだまし取った「サクラサイト」業者の摘発から3年。終結したかと思われた捜査には続きがあった。

警視庁は9月、摘発されたサイト運営会社の上位組織とみられる、ソフトウエア開発会社の幹部を逮捕した。水面下で売り上げを吸い上げていたとみられている。

こうした運営主体と母体を切り分ける悪質業者は少なくないが、関与を示す証拠集めは困難になることが一般的だ。

今回も裏付け捜査に長い時間を要したが、捜査員らは手を緩めなかった。

img

■「糸たぐるよう」執念の捜査


Sponsored Links


サイバー犯罪対策課が9月に詐欺容疑で逮捕したのは、ソフトウエア開発「フリーワールド」(東京)専務の男(38)。平成25年に摘発した、出会い系サイト運営会社「ウイングネット」(同)の上位組織とみられる。

ウイングネットは、「AKB48」の元メンバー、前田敦子さんや、「嵐」のメンバーら芸能人を装ったサクラが、SNSを通じて「相談に乗って」などと持ちかけ、サイトに誘導。サイト内でのメッセージの送受信は1通ごとに有料だが、「連絡先を教える」などと期待を抱かせ、繰り返し利用させていた。ウイングネットは22サイトを運営し、22年2月~24年6月で116億円を売り上げたとされる。

捜査関係者によるとフリーワールドは、フェイスブックで芸能人のマネジャーを装い、ネット利用者にURLを書いたメッセージを送って、ウイングネットのサイトに誘導する役割を担っていたとみられる。

専務は、フリーワールドの人事や具体的な指示を行う社内ナンバー2。サイバー課は、ウイングネットの売り上げの一部がフリーワールドに流れていたとみて捜査を進めている。

警視庁は3年前に摘発したウイングネットと同時に、フリーワールドへの捜査も行っていた。しかし証拠集めが難航して一度は断念。告訴をうけて再び捜査に乗り出し、「細い糸をたぐるような捜査」(捜査幹部)を長期にわたって続けていた。昨年12月に逮捕状請求に漕ぎ着けると、今年8月、警察庁を通じて外務省が旅券返納命令を発布。観念したのか、海外に逃亡していた専務が、9月下旬に台湾から日本に帰国した。

続き「本文


Sponsored Links


–http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161010-00000508-san-soci

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう