自殺しようとした妊娠中のネイティブアメリカンの女性、止めに来た警官が射殺


アメリカ・ワシントン州で妊娠しているネイティブアメリカンの女性が10月21日、生活安全と安否確認で訪れていた保安官代理に射殺された。

シアトル・タイムズによると、妊娠5カ月のシングルマザーだったレニー・デイヴィスさん(23歳)はその夜、マックルシュート族居留地で3人の子供のうち2人と過ごしていた。乳姉妹のダニエラ・バーガラさんによると、彼女には鬱の症状があったという。

キング郡保安官事務所のシンディ・ウェスト報道官はハフポストUS版の取材に「デイヴィスさんはボーイフレンドに、鬱で苦しいというテキストメッセージを送った」と述べた。

マックルシュート居留地は、キング郡保安官事務所が治安維持をすると取り決められている。


Sponsored Links


「そのボーイフレンドは、パトロール中の保安官代理を呼び止めてメッセージを見せ、『彼女は銃を持っていて自殺しそうだからすぐに向かってほしい』と言いました」と、ウエスト報道官は言った。「彼女は腕を傷つけた写真もボーイフレンドに送っていたほか、『これで私が真剣だと分かるでしょう』とも言っていました」

その後に何が起きたかは今のところ不明だ。保安官代理が午後6時30分頃、デイヴィスさんの自宅に到着した。その時、保安官代理のひとりがデイヴィスさんを射殺した。

「とても動揺しています。警察は彼女の安全を確認しに行ったのですから」と、バーガラさんはシアトル・タイムズに語った。「彼女は明らかに体調を崩していたんです」


Sponsored Links


詳細「本文」
http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/26/cops-fatally-shoot-pregnant_n_12652536.html
woman

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう