ワイドな女子高生、芸能界引退の真相は「クビ」だった!? プロ幹部に気に入られていたはずが…なぜ?


10月23日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演中だった“ワイドナ女子高生”こと青木珠菜が、突然番組の卒業、そして芸能界引退を発表した。当人は「大学に行きたいという思いもあるので、芸能界を今日で辞めます」とコメントしていたが、その真相については「実質解雇」なのだという。一体何が起こってしまったのか?

青木は2010年に子役デビューし、主に女優活動を行ってきた現在17歳の現役女子高生。所属事務所は大手プロ・研音だったが、突然芸能界から引退するはこびとなってしまった。そしてその真相を、あるテレビ局関係者が解説する。

「彼女は以前から、研音内では『クビ寸前』扱いとなっていたんです。研音は他の芸能プロダクションと比べると、一風変わったギャラ制度を取っています。多くの事務所は歩合制でスタートし、売れてきたところで月給制に切り替わるものですが、研音は初めからすべてのタレントが月給制なんです。しかし、支払っている金額に働きが見合わなければ、容赦なく契約を打ち切っていくんです」


Sponsored Links


当然月給は、そのタレントによってマチマチというが「年齢や実績を考えれば、青木はせいぜい、一般社会人の初任給レベルの月給ではないでしょうか。加えて研音では、副業やアルバイトは禁止されていますが、女子高生のお小遣いと考えれば十分な金額を受け取っていました」(同)とか。
そしてそんな青木を巡っては、社内でも不満の声が漏れていたのだという。

「彼女の売上は、とても月給に見合うものではなかったと聞きます。にもかかわらず、彼女は同プロ幹部の大のお気に入りだったそうで、スタッフたちの反発を押し切って、長年契約を更新し続けてきたんです。しかし、結局ブレークの兆しは一向に見えないと、ようやく契約終了が決定してしまったんでしょう」(同)

なお、本人は芸能活動を続けていきたい意向のようで「一旦は表舞台から姿を消すでしょうが、もしかしたら他のプロダクションで、ひょっこりと活動を再開するかも。6年経っても目が出なかったことを考えれば、今回の卒業は本人と研音双方にとって、一番の結論だったと言えるかもしれませんが」(同)。


Sponsored Links


未成年の青木にとっては、芸能界の厳しい現実に直面するという悲惨な結末だったかもしれないが、いつの日かまた表舞台に舞い戻り、かつ大きな飛翔を遂げてくれることに期待したい。
-http://tocana.jp/2016/10/post_11315.html


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう