退陣直前、オバマ大統領がロシアに逆襲、外交官35人を国外追放「やるね」


アメリカのバラク・オバマ大統領は12月29日、
大統領選にサイバー攻撃を仕掛けたとしてアメリカ在住の
ロシア外交官35人を国外退去処分にし、
ロシア政府が所有する関連施設を閉鎖する情報制裁措置を発表した。

大統領は声明の中で
「すべてのアメリカ国民はロシアの行動に警戒すべきだ」と述べた。

今回の制裁措置でメリーランド州と
ニューヨーク州にあるロシアの情報機関2つが閉鎖され、
ロシア企業3社とロシア軍参謀本部情報総局(GRU)、
ロシア連邦保安局(FSB)の情報当局幹部4人が制裁対象となり、
アメリカの企業や個人との接触が禁じられる。


Sponsored Links


さらにオバマ大統領はワシントンやサンフランシスコに
駐在する外交官などロシアの当局者35人に国外退去を命じた。

puchin


Sponsored Links


-参考:TW-


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
  puchin  

この記事を友達に「シェア」しよう