病院でもマイナンバーカード、保険証代わりに


お役に立つ情報を紹介します。

政府は、2018年度にマイナンバーカードを健康保険証として利用できるようにする方針を固めた。

患者の本人確認を迅速にし、医療事務の負担を軽減するとともに、カードの普及を図る。

厚生労働省が17年度当初予算案に、システム構築の関連費用などとして243億円を計上した。


Sponsored Links


マイナンバーカードへの対応が整った医療機関では、専用機にカードを通せば、保険証がなくても診察や薬の処方を受けられるようになる。

医療機関から診療報酬の請求を受ける「審査支払機関」が、健康保険組合などの委託を受け、システム上で保険の資格確認ができるようにしておき、医療機関からの照会に答える仕組みだ。

医療機関は、転職や離職などに伴って失効した保険証が示されてもすぐに分からず、後で失効が判明するケースも少なくない。


Sponsored Links


患者が加入している保険の種類が瞬時に確認できれば、こうした事態を防ぐことができる。

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう