成宮氏の「友人A氏」特定、ブログ炎上 「ゲイ告白」追い風で“復帰”期待の声


これだからネット社会は恐ろしい。元俳優の成宮寛貴(34)のコカイン吸引疑惑を週刊誌に告発した「成宮寛貴の友人A氏」の身元を「特定した」とするサイトが現れた。これを受けて、A氏はツイッターで「本名」を公開するなど騒動が拡大している。一方、成宮は引退コメントで暗にゲイだとカミングアウトしたことが追い風になりそうだというから何が起こるか分からない。

「成宮寛貴を売ったA氏を特定完了」とした記事を26日に掲載したのはニュースサイト「netgeek(ネットギーク)」。

同サイトは、A氏がツイッターでつぶやき始めたわずか9分後に「A氏現る」と投稿した人物に注目。フェイスブックなどから、テレビ取材を受けたA氏と同じ柄のシャツを身につけた男性を発見。テレビと同じ位置にほくろもあったため、外国人風の名前を名乗る男性と、兄弟もしくは兄弟分の男性が関わっていた可能性があるとした。

その後、A氏はツイッターで「名前ぐらい教えますよ」として自らの実名を公表。漢字2文字以外はすべてカタカナで表記されていた。

「真相を語る」としてA氏が開設したブログは何度か更新されたが「(成宮は)もう引退して一般人なんだからそっとしておいてあげてもいいのでは」「金目当てではないか」と批判コメントも多い。

事情を知る人物は「週刊誌に情報を持ち込んだのは、六本木周辺などが遊び場の外国人風の人物だったと聞いている」と話す。

一方、芸能界を引退した成宮について「コカイン疑惑が注目されていたのに、ゲイであることにすり替えたことが功を奏したといえる」と芸能評論家の肥留間正明氏。


Sponsored Links


さらに続ける。

「コカインで引退したとなると、芸能界への復帰は厳しくなる。しかしゲイを引退の原因にするなら戻ってきやすい。むしろ新たなステージが用意されたようなものだ」

早くも、その業界では“復帰”を期待する声も上がっているという。

「何軒かのバーを経営するオーナーは、銀座に店を出すなら資金を出してもいいと打診しているそうです。やはり人気芸能人だったので、新宿二丁目ではなく、銀座への出店を勧めているそうです」と事情通。

さらに暴露本出版の動きも出ている。「ゲイを告白するだけでなく、コカイン疑惑にまで触れてもらいたいと、成宮の周辺に出版を持ちかける動きがあるようです。ただ、本人は表舞台に出ることを避けているので、実現は難しそうですが」と出版関係者。

何とも落ち着かない年の瀬だ。


Sponsored Links


-http://www.zakzak.co.jp/


お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
  narimiya  

この記事を友達に「シェア」しよう