オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった


<1月10日のオバマの退任演説は大きな注目を集めたが、実はきわめて「異例」のスピーチだった。歴史上、あのような形で最後の演説を行った大統領はいない>

第44代アメリカ大統領のバラク・オバマが10日夜、
大統領として最後の演説を地元シカゴのコンベンションセンターで行った。

さながらロックコンサートのような熱気の中、
約1時間にわたった演説は大いに注目された。

ワシントン・ポストは演説の最中から原稿を書き起こし、
注釈をつけて続々とサイトに掲載していった。


Sponsored Links


オバマは医療保険制度改革(オバマケア)や雇用創出など、
2期8年の任期中の成果を訴える一方、
民主主義などアメリカの価値観を守っていく必要性に多くの時間を割いた。

妻ミシェルと2人の娘らへの感謝を述べた終盤には涙も見せた。

途中、割れんばかりの拍手が何度も沸き起こり、
「もう4年!」といった声が聴衆から相次いだほどだ
(オバマはそれに対し「それはできない」と答えた)。

obama


Sponsored Links


<参考>
-http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6695.php

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう