キヤノン、在宅勤務者をカメラで監視して勤務時間に反映する、いかにも日本なシステムを発売


キヤノン、
在宅勤務者をカメラで監視して勤務時間に反映する、
いかにも日本なシステムを発売

canon

キヤノンITソリューションズ(ITS)は2月、社員がパソコンの前にいることをカメラで確認し、勤務時間に反映するシステムを発売する。

「きちんと仕事をしているか確認ができない」。システムの開発を担当したキヤノンITSの石原保志さん(52)は営業を通じて多くの企業の相談を受けていた。新システムはパソコンに備えたカメラで顔を撮り、顔認証機能で登録した本人の在席と離席を判別する。


Sponsored Links


同社は在宅勤務など社外で働く「テレワーク」用のシステムを販売してきた。顧客企業には表計算ソフトの使い方が分からずに家族に聞きながら一緒にやっていた例や、勤務時間に対価を払う「時間給」を取り入れている企業では子育てなどで頻繁に離席して決まった勤務時間に仕事をしていない例を問題にする声が出ていた。

『ネットの反応』

「在宅勤務の意味がないと思うがw
「出社してたほうがマシやな
「馬鹿じゃねえのか出来高報酬で良いだろうに
「え~と…在宅勤務の意味無くね?!
「ギフハフ管理にすれば全部うまくいくよw
「成果物こそが全て。


Sponsored Links


<参考>
-http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11735970W7A110C1X13000/

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう