巨人軍元中継ぎエースが“結婚サギ”で訴訟沙汰に


巨人軍元中継ぎエースが“結婚サギ”で訴訟沙汰に

読売巨人軍で中継ぎエースとして活躍し、2014年オフに引退した越智大祐氏(33)が「婚約不履行」で訴えられることが週刊文春の取材で分かった。

越智氏は2011年の宮崎キャンプの際、地元のキャバクラに務めていた平石梢さん(仮名)を気に入り、口説きはじめた。

しかし

越智氏が2010年に結婚していることを知っていた平石さんは交際を拒否し、
しばらくは客とホステスの関係が続いた。

そんななか、2014年に転機が訪れる。


Sponsored Links


越智氏と平石さん(ベッドの中) ©文藝春秋
平石さんが振り返る。

「お店で越智君に『離婚したから付き合って欲しい』と言われました。押しに負けて、2014年春のキャンプのときから交際することになりました」
当時、平石さんは別の男性と結婚していたが、シーズン中は毎週のように上京して越智氏と会っていたという。

越智氏は引退後、平石さんに求婚し、宮崎に移住する。
「越智君から『俺は離婚しているんだからお前も離婚しろ。離婚したら一緒になれる』と言われて、結局2015年12月に夫とは離婚しました。越智君から名前の入った婚姻届も渡されて、いずれ結婚するつもりでした」(同前)

ところがその後、平石さんは越智氏の行動を怪しむようになる。
「やがて越智君が東京に頻繁に行くようになったり、別れたはずの奥さんから凄く電話が来るようになった。そこで昨年8月に私の友人と二人で彼を問い詰めたら『実はずっと結婚しています』と言い出して……。翌朝、越智君は宮崎から姿を消してしまいました」(同前)

本文「こちら


Sponsored Links


-https://gunosy.com/articles/agCei

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう