住宅に燃え移り…東北で山火事相次ぐ


住宅に燃え移り…東北で山火事相次ぐ
**********

強い風の影響などで、山火事が相次いでいる。

8日、岩手、福島、宮城の各県で、住宅火災や山火事が相次ぎ、延焼している。

岩手・釜石市の山林で、8日昼ごろ、「山から煙が見える」と通報があった。

火は風にあおられ、午後4時45分現在も南西方向に燃え広がっているが、消火活動が難航している。

一方、福島・会津坂下町でも、8日昼前に住宅で火事があり、その後、隣接する住宅や、近くの山林に燃え移った。

これまでに、住宅あわせて4棟は鎮火したが、山林の一部を焼き、延焼している。


Sponsored Links


町によると、周辺の地域には30世帯、87人が暮らしているが、けが人は確認されていない。
消防が、250人態勢で消火活動を続けるとともに、県は、自衛隊に災害派遣を要請した。

また、宮城・栗原市でも8日昼すぎ、近くに住む住民から、「山が燃えている」と119番通報があった。

火は、周りの住宅にも燃え広がり、住宅7棟が全焼した。
けが人の情報は入っていないという。

栗原市は、本木地区と秋山地区のあわせて117世帯に対して、避難指示を発令している。

東北地方の広い範囲で、8日午前中から、強風注意報と乾燥注意報が出ていて、宮城県では、暴風警報も出ていたという。


Sponsored Links


-http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00357513.html

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう