Google社のマネージャーが社員の採用や解雇に関して人事権を持たない理由


Google社のマネージャーが社員の採用や解雇に関して人事権を持たない理由

*******

かつてGoogle社でマネージャーをしていたキム・スコット氏が、Qualtrics Insight Summitのインタビューで、Google社で「上司であること」の実態について貴重な内部情報を提供しています。

「他社のマネージャーなら通常付与されている権限をGoogle社のマネージャーは基本的にほとんど持っていません。たとえば、社員の採用や解雇に関して独断的な人事権を持ちません。社員のボーナスは各人の成績で決まりますが、マネージャーは部下の成績をつけることもありません。」

では、そうしたことはどのように決定されるのでしょうか。スコット氏によれば、「パケット」を使って決定されています。「社員のグループが候補者を面接して面接パケットを書き、その人物を採用すべきかどうか意見を提出します。」


Sponsored Links


この面接官のグループは、候補者が採用された場合は、その候補者の上司になるはずの人たち、同等レベルの同僚になるはずの人たち、それ以外の社員で構成されています。スコット氏自身もGoogle社に採用される前に、入社すると直属の上司になるはずの数名と面接しています。

面接が終了すると、パケットが委員会に提出されます。「採用マネージャーには採用の決定権がありません。」とスコット氏。「自分のチームに来てほしい」と希望することはできますが、採用された人は別のチームを選ぶこともできます。

中略

ちょっと複雑な感じに聞こえるかもしれませんが、この方法はとてもGoogle社のためになっているとスコット氏は言います。たとえば、昇進パケットを準備するプロセスがあるおかげで、「不公平な昇進はほとんどありません。」


Sponsored Links


以下全文
https://www.lifehacker.jp/2017/05/170511_google_managers.html

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう