森泉の空き家リフォーム企画 宅地建物取引士が疑問視


森泉「自腹購入の4000万円」空き家リフォーム企画に宅地建物取引士が疑問 「建築基準法に抵触しない範疇ですむのか」

日本テレビ系の情報バラエティ番組『幸せ!ボンビーガール』の激安リフォームコーナーなどでDIYの特技を発揮する森泉。現在、都心の空き家を自腹で購入、リフォームして住むという「泉お嬢様の空き家再生大臣!」という企画を展開中だ。

4000万円とも言われる空き家を公言通り自腹で購入、「ガチで自分のおうちを作り直す」など、森泉の行動力と実現力には毎度驚かされるばかりだ。

しかしここにきて、ある宅地建物取引士がこの物件のリニューアルを進めるにあたり、「建築基準法に抵触しない作業の範疇ですむかどうか疑問」と警鐘を鳴らしている。

8月1日に放送された同コーナーは不動産屋と契約完了して空き家のカギを手に(4,200万円のところ)「4,000万円にしてくれた!」とはしゃぐ森泉の笑顔が印象的であった。新築で購入すれば“1億円”は下らないというお得なお買い物に対して、最初の疑問が投げかけられている。


Sponsored Links


今回検証を行い、警鐘を鳴らしているのは宅地建物取引士・早坂龍太氏である。同氏がコラム(『不動産流通システム・REDS』へ寄稿)で訴えているのはおおむね以下のような点だ。

番組内でも「再建築できない物件」と紹介されていたが、森が購入したこの空き家は一般に言われる“再建築不可物件”であるという。

「再建築不可物件」とは建物が老朽化や天災などで壊れても新たに建設できず、さらに2階建てを3階建てにするような大規模な改造は基本的に許されていない。

そのため利用価値として評価が低くなり、価格が相場の半分以下となることも多いという。つまり「価格は相場の半分以下になることも多いので、4000万円がお得といえるかどうか…」と早坂氏は懐疑的に見ているのだ。

つづき


Sponsored Links


詳細本文
http://news.livedoor.com/article/detail/13443921/

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう