元SMAP・独立組の3人に「芸能界のドン」が釘をさす?すぐに合流は困難か


SMAP最後の日、ジャニーズ事務所からの独立組に「芸能界のドン」が釘を刺す

9月8日、名実ともに芸能界のトップを走ってきたSMAPが最後の日を迎える。元メンバーの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが30年間在籍したジャニーズ事務所を退社、独立するのである。

 昨年末に解散してからも、ジャニーズのソロタレントとして活動してきた3人。それによって再結成という一縷の望みも持たれていたのだが、彼らの決断は、その可能性の芽を完全に摘んだ。

「これはもう、自分で決めたことですし、その現実というものを受け止めてもらわないといけないと思います」

 8月18日には『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、ファンに向けて“本心”を語った稲垣。「自分で決めた」─。脱退に関して初めて口を開いたのだった。


Sponsored Links


「スケートボーイズ時代を含む30年をともにした、中居正広や木村拓哉と袂を分かつことは苦渋の決断だったことは容易に想像できます。それに、安泰が約束された地位を捨ててまでジャニーズを出ることを選んだのです」(芸能レポーター)

 一昨年に思い描いていた独立とは違えども、初志貫徹を通した稲垣たちだった。

 とはいえ9月9日以降、彼らの姿をいっさい見ることができなくなるわけではない。稲垣は『ゴロウ・デラックス』(TBS系)、草なぎは『『ぷっ』すま』(テレビ朝日系)、香取は『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)と、3人のレギュラー番組の続投が決まっている。これはきわめて異例の措置だとも。

つづき・・・こちら本文へ


Sponsored Links


本文へ

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう