金正恩氏の友人・ロッドマン氏 米朝関係の解決策に注目発言


“生涯の友”金正恩との橋渡し役?ロッドマン氏 緊迫米朝関係で注目発言

北朝鮮は9日、69回目の建国記念日を迎えた。

日本上空を飛び越えるミサイル発射や6回目の核実験を強行し、米朝間の緊張状態が続いている中、米プロバスケットボールNBAの元スター選手のデニス・ロッドマン氏(56)が出演した英テレビ番組での発言が、注目を集めている。

 出演したのは「Good Morning Britain’s」。2013年2月の初訪朝以来、正恩との親睦をはかるため数回北朝鮮を訪れ、正恩氏を「生涯の友」と呼ぶ。緊迫する米朝関係について、解決策をこう語った。


Sponsored Links


「私からすれば、トランプ大統領がキムに連絡を取ろうとすれば可能だと思う。トランプ氏が2人での会話に持ち込んで、共通の話題で話し合えば、何かが起きる可能性もある。

何も友情を語る必要はなく、ただ単に『あなたの国や我が国の言葉、政治、歴史について話をしませんか』と持ちかけて対話を始めようとすれば、扉が少し開く可能性もあるかも、と思う」

詳細本文へ


Sponsored Links


本文

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう