韓国文具業界の9割超 「ダイソー」の影響で売り上げが減少


韓国文具業界の9割超「ダイソーの影響で売り上げ減」

【ソウル聯合ニュース】韓国で1000店以上を展開する生活用品店「ダイソー」の影響で国内文具店の9割以上が売り上げを落としたことが26日、関連団体の調査で分かった。

国会の産業通商資源中小ベンチャー委員会に所属する李燦烈(イ・チャンヨル)議員(国民の党)によると、

国内の文具関連3団体が全国459の文具店を対象に実施した調査で、ダイソーの影響で売り上げが落ちたとの回答は92.8%に上った。全く影響がないとの回答は5.0%にとどまる。


Sponsored Links


売り上げが落ち込んだ主な商品群(複数回答)は学用品(52.9%)や生活用品(29.6%)などだった。

また、調査対象の文具店の77.8%は、ダイソーは生活用品の専門店に転換すべきだと主張した。

ダイソーの昨年の売上高は1兆5600億ウォン(約1530億円)で国内大手スーパーのGSスーパーマーケットを1300億ウォンほど上回ったが、流通産業発展法の規制対象ではないため比較的自由に出店できる。

つづき・・・本文へ


Sponsored Links


本文こちら

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう