音喜多駿氏が「希望の党」潰しか「爆弾」投下に候補者は戦々恐々


小池知事お膝元の東京に動乱 希望潰しの“音喜多砲”炸裂危機

「我々自身がブラックボックスを作っている」――。

こう嘆いて小池都知事率いる都議会「都民ファーストの会」を飛び出した音喜多駿都議。

10日公示の総選挙では「希望の党」が23人擁立する都内選挙区で、“希望潰し”の爆弾をガンガン投下する気でいるらしい。


Sponsored Links


「無所属になった私ですので、特に総選挙で誰かを応援する縛りは生じません」

 音喜多氏はブログでこう宣言した上で、会派にとらわれず、都内で意中の候補者を応援することを明かしている。

 応援手法については、「あくまでご迷惑にならなければ、という範囲で」と慎ましいが、小池知事に反旗を翻した音喜多氏の動向をワイドショーが放っておくはずがない。

希望候補の選挙区でマイクを握り締め、
小池批判を始めたら格好の「絵」になるのは間違いない。


Sponsored Links


小池演説と激突する事態になれば“祭り状態”だ。

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう