工藤静香、SMAP解散で今年のNHK『紅白歌合戦』出場は濃厚か


今年も残すところ2か月半。この時期になると、必ず聞こえてくるのがNHK『紅白歌合戦』の話題だ。

「一時期、『廃止論』も出たことがありましたが、最近はそれも無くなりました。マンネリ化していることは否めませんが、大河や朝ドラと並んで、NHKを代表する歌番組として今後も続いていくと思います」(音楽誌記者)

 すべてのジャンルの歌手を一堂に集めて生放送する貴重な歌番組、そして“年末の風物詩”でもあるのだ。

 最近ではスポーツ紙をはじめとした芸能マスコミもキャスティングについて騒ぎ始めているが、司会は、

「嵐は東京オリンピックの際に、NHKでメインパーソナリティーを務める予定です。ですから、それまではメンバーがひとりずつ、紅白の司会を担当することになっているようです。ちょうど5人ですしね」(スポーツ紙記者)


Sponsored Links


 どうやら嵐に決まりのようだが、その中でも松本潤が最右翼だという。それは、

「彼は昨年末、紅白の直前にセクシー女優と二股交際を報じられました。

 以前のNHKでしたら、スキャンダル発覚の歌手を出場させることはなかったと思いますが、背に腹は代えられなかったのか、事務所に対する忖度だったのか、何事もなかったように出演しました。

 今年はイメージ回復のために彼に司会を任せるのではないかと思います」(前出・スポーツ紙記者)

 一方、紅組司会も有村架純が連投しそうだ。確かに、各所でいろいろと名前は挙がっているようだが、有村以外にポイントが高そうな人物が見当たらない。


Sponsored Links


http://www.jprime.jp/articles/-/10824

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう