中国・四川省の漬物加工場に文春記者が潜入 衝撃的な写真を公開


週刊文春記者が見た! 危険すぎる中国産食品

「週刊文春」誌上で展開した「中国猛毒食品」キャンペーンは、

読者から大きな反響を呼びました。

取材班の一人だった徳山大樹記者が近著『怖い中国食品、

不気味なアメリカ食品』(奥野修司氏との共著、

講談社文庫)で書ききれなかった「潜入取材」の内実を、衝撃的な写真とともに明かします。

◆◆◆


Sponsored Links


 まずは下の写真を見ていただきたい。

トラックの荷台に積まれた緑色の物体は、ゴミじゃない。日本にも輸出される青菜の漬物だ。

中国・四川省の漬物加工場に入ってきたこのトラックには、冷蔵設備はおろか、容器や袋などにも入れられず、荷台に直に置かれた漬物がうず高く積まれている。

地面が濡れているのは、荷台から滴り落ちる青菜の汁のせいだ。

つづき・・・


Sponsored Links


本文こちら

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう