豊田真由子氏 街頭演説の聴衆に近づくと人波が割れる現象?


モーゼと化した豊田真由子 街頭演説で人波が左右に割れる

悪名は無名に勝る。政界の名言のひとつである。無名の自民党2回生議員だった豊田真由子氏(43)は、ここ3カ月で一気にその名を轟かせ、

全国区の知名度を獲得した。だが、彼女のような超悪名でも無名に勝るのだろうか。

答えはもちろん……。違うだろーっ!

 ***

 10月1日午前10時、埼玉県の朝霞駅前に姿を現した豊田氏。

事実上の選挙戦がスタートし、連日、彼女は地元の埼玉4区内を回っているのだが、


Sponsored Links


駅前で開かれていたイベントに参加していた主婦に声をかけても対応してもらえずにいた。

だが代わりに、その女性の6歳になる娘が無邪気にこう言ってかまってあげていた。

「あっ、ハゲのおばちゃんだ!」

 子どもはいつでも正直である。

詳細本文へ・・・


Sponsored Links


本文こちら

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう