東名高速の夫婦死亡事故の容疑者 女性と一緒だと態度が豹変か


東名死亡事故石橋容疑者 女性と一緒だと態度がひどくなる

今年6月に東名高速道路で妨害行為をしたうえに、追い越し車線に被害者の車を無理やり停車させ、追突事故を起こさせたとして、

神奈川県警は10月11日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで石橋和歩容疑者(25才)を逮捕した。

 この事故で亡くなったのは、萩山嘉久さん(享年45)。幼い頃から車好きだった嘉久さんは、自動車メーカーに10年間勤めた後、自動車整備会社を設立。

27才の時、仕事で出会った妻・友香さん(享年39)と結婚し、2人の子宝にも恵まれた。嘉久さんの母・萩山文子さん(77才)は語る。

「夫婦仲がとてもよくて、一緒にいるときはいつもくっついていました。ふたりとも娘を溺愛していてね。休日はいつも家族で旅行していた。


Sponsored Links


事故の1か月前にもディズニーランドに遊びに行っていました。
嘉久は仕事がどんなに忙しくても運動会などの学校行事には必ず参加していたし、子煩悩な父親でした。

私は女の子がいなかったから、友香ちゃんは実の娘のような存在だった。向こうも私のことを『マミイ』って呼んでくれて…。

私は彼女に文句を一度も言ったことがなく、けんかをしたこともありません。本当に自慢のお嫁さんでした」(文子さん)

娘たちにとっても自慢のパパとママだった。

つづき・・・本文へ


Sponsored Links


本文こちら
http://news.livedoor.com/article/detail/13773080/

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう