「だからモンゴル出身力士はダメ」ベテラン親方が吐き捨て


日馬の暴行騒動の新たな波紋 ベテラン親方「だからモンゴルはダメなんだよ」

 大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が10月の秋巡業中に鳥取県内で幕内貴ノ岩(27=貴乃花)に暴行を加えた問題で、新たな波紋が広がっている。

日本相撲協会の審判部は九州場所12日目(福岡国際センター)の23日、横綱白鵬(32=宮城野)を呼び出して厳重注意を与えた。

白鵬は前日11日目の取組で審判に対する不服を態度であからさまに示していた。角界内では、土俵内外で騒動を連発するモンゴル出身力士に対する風当たりが強まるばかりだ。

 この日、審判部長代理の伊勢ヶ浜親方(57=元横綱旭富士)と副部長の2人が、審判部に白鵬を呼び出して口頭で厳重注意を与えた。

白鵬は前日11日目(22日)に敗れた際に、土俵下で右手を挙げて“物言い”をつけて立ち合い不成立をアピール。

土俵に戻った後も1分間ほど引き下がらず審判団に対して不服の態度を示し、最後は礼もせずに花道を引き揚げた。


Sponsored Links


 伊勢ヶ浜親方は「負けたら土俵に上がって礼をするのがルールだから、守ってほしい。横綱は全力士の一番の見本だから。自分の価値を下げないように、きちんと行動するように注意した」と注意の内容を明かした。

さらに物言いをつけられるのは審判団と控えに入る力士だけで、取組の力士はできない規則も伝えたという。

この日の土俵では関脇御嶽海(24=出羽海)に何もさせず一気に寄り切って力の差を見せつけただけに、実力と振る舞いのギャップは大きい。

いずれにせよ、白鵬が取った行動は前代未聞の“愚行”だった。

つづき・・


Sponsored Links


本文こちら

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう