尻を触ってきた相手を血まみれに 抵抗は法的に許容される?


夜道で尻を触ってきた男を“顔面血まみれ”にした女性「拒絶した証拠残すべき」、過剰防衛にならない?

SNS上で先日、「性犯罪者に遠慮はいらない」という趣旨の投稿が話題となりました。投稿者は「夜道突然ケツ触ってきた男をバッグとヒール放り出して全力で追いかけて引きずり倒して身分証奪ってそいつの家まで連行してから警察呼んで親共々厳重注意して謝罪させ」、相手を「顔面血まみれ」にしたものの、何のペナルティーもなかったとのこと。「性犯罪にあったら(中略)人様には見せられないくらい激昂するわ。

だってなんかあったとき、抵抗してない=同意とか中世みたいなこと言ってくるバカがいるんだもん。

だったら多少傷害容疑かけられても拒絶した証拠残したい」と訴えかけると、「その手の性犯罪者に情けなど無用です。無用ですが、過剰防衛とか言われないよう気を付けて下さい」「素晴らしい覚悟。見習います」「逃げたら力尽くで捕まえてOK」など、さまざまな声が上がりました。

 こうしたケースで、投稿者のような振る舞いは法的に許容されるのでしょうか。オトナンサー編集部では、グラディアトル法律事務所の刈谷龍太弁護士に聞きました。


Sponsored Links


正当防衛と過剰防衛の線引きは難しい
Q.「夜道で突然ケツを触る」行為には、どのような法的ペナルティーが科されうるでしょうか。

刈谷さん「『夜道で突然ケツを触る』行為は、強制わいせつ罪(刑法176条)に該当します。従来、同罪の成立には性的意図が必要とされていましたが、

最高裁が平成29年11月29日、性的意図は不要との判断を下しました。同罪は『暴行又は脅迫を用いて』行うことが必要とされていますが、ここでいう『暴行』はかなり広く解釈されているので、被害者の隙をついて臀部や股間に手を差し入れる行為も広く暴行に該当するとされます。

続き・・・こちら


Sponsored Links


本文へ

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう