三橋貴明容疑者 事件の3週間前にブログで「予言」か「近い将来…」


三橋貴明容疑者は事件の3週間前に自身のブログで将来を予言していたという
「近い将来、わたくしに何らかの『スキャンダル』が出るか」と記していた
「痴漢冤罪で捕まるか、弊社に国税が来るのは避けられない」と続けていた

********

三橋貴明容疑者「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか…」 事件の3週間前、自身のブログで「予言」?

—–

10代の妻に対する傷害容疑で警視庁に逮捕された経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)。


Sponsored Links


 三橋容疑者は事件を起こす約3週間前の昨年12月13日の自身のブログで「安倍晋三内閣総理大臣との会食」と題して「近い将来、
わたくしに何らかの『スキャンダル』が出るか、痴漢冤罪で捕まるか、
弊社(三橋容疑者が社長を務める経世論研究所のことか)に国税が来るのは避けられないでしょう」と書いていた。

 三橋容疑者は安倍晋三首相と会食した事実をブログで公開。その席で自著の「『財務省が日本を滅ぼす』を進呈」したことを明かした。その上で(1)この席をオープンで、

と決めたのは官邸であること(2)何をやるにしても、PB(プライマリーバランス)の黒字化目標が壁になり、何もできないという現実を総理は認識していること(3)だからといって「総理は分かっている。大丈夫だ」などと思ってはいけないこと、
を「和やかに」議論したとしている。

詳細・・・こちら


Sponsored Links


本文へ

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう