中国沖で沈没したタンカー 前代未聞の原油流出で生物に深刻な被害か


中国沖で6日に船と衝突し、14日に沈没したイラン企業の石油タンカー事故
環境専門家らは、海洋生物に深刻な被害を与える恐れがあると警告している
現場海域で、最大約130平方キロにわたって油が流出したと報じられている

*****

中国沖タンカー事故、深刻影響の恐れ 前代未聞の油流出量との指摘も

【AFP=時事】中国沖で6日に貨物船と衝突・炎上し、14日に沈没したイラン企業所有の石油タンカー事故について、中国国営メディアは15日、現場海域で最大約130平方キロにわたって油が流出したと報じた。

環境専門家らは、海洋生物に深刻な被害を与える恐れがあると警鐘を鳴らしている。


Sponsored Links


 事故ではタンカーの乗組員32人が行方不明となり、このうち3人が遺体となって発見された。

中国の交通運輸省によると、タンカーから流出した油は現在も燃え続けているという。中国共産党機関紙の人民日報(People’s Daily)は15日午後の時点で、現場を起点に長さ約18.5キロ、幅約7.4キロの範囲に油が広がっていると伝えた。

沈没した同タンカーは、軽質原油13万6000トンを積載していた。

詳細本文へ


Sponsored Links


本文こちら

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう