大谷翔平「8番・DH」で本拠地デビュー 第1打席でMLB1号となる3ラン


【MLB】大谷翔平、本拠地デビューで衝撃1号3ラン! 球場スタンディングオベーション

*******

大谷、本拠地初打席で1号3ラン&トラウトとのアベック弾

 エンゼルスの大谷翔平が3日(日本時間4日)の本拠地インディアンス戦で「8番・DH」でスタメン出場し第1打席で1号3ランを放った。

野手としての出場は開幕戦の3月29日(同30日)アスレチックス戦以来となった。


Sponsored Links


 大谷が本拠地エンゼルスタジアムで衝撃のデビューを飾った。大歓声で迎えた第1打席はトラウトのソロ弾などで同点に追いついた後の初回2死満塁のビックチャンスで回ってきた。

相手先発右腕ジョシュ・トムリンの暴投で勝ち越しに成功し、なお2死二、三塁。ここで2ボール2ストライクから右中間へメジャー1号となる3ランを放った。

 ベンチではメジャー1号の際に同僚たちがあえてダグアウトに戻ってきた選手を“無視”するサイレントトリートメントの後、

もみくちゃにされる手荒い祝福を受け、スタンドからはスタンディングオベーションが沸き起こった。大谷は大歓声にヘルメットを脱いで応えた。(Full-Count編集部)


Sponsored Links


本文こちら

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう