女子高生を自宅に招き、無理やりキス,TOKIOの山口達也(46)


城島茂、憔悴した山口達也に「『やめてくれ』と言えない自分たちがいた」

****

女子高生を自宅に招き、無理やりキスをしたとして強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)について東京地検が1日、不起訴となる起訴猶予処分とした。これを受け、TOKIOのリーダーの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)のメンバー4人が2日、東京都内で会見し、グループとして謝罪した。

 城島茂「本日はわざわざお集まりいただきありがとうございます。今回、メンバーの山口が犯した事件におきまして、被害にあわれた方、そのご家族にメンバーとして心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。

*****


Sponsored Links


そして、私たちTOKIOを普段から支えるファンのみなさま、スポンサー、仕事関係の方に多大なるご迷惑をおかけしました。心より深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。山口の件におきましてはメンバー全員が深く受け止めております。

 実際にこれまで、時間がありましたが、一刻も早く自分たちTOKIOとして謝罪と、自分たちの思いを発表しなければならないという思いがあった。5人集まったのが(先月30日でした。5人だけで話し合いました。

*****

そのとき、山口の口から出た言葉が『TOKIOやめます』という言葉でした。5人で話していて自然と出たわけではなく、本人が決意を固めていて、退所願いを取り出して、リーダーである私に渡してきました。本人も憔悴している中、5人で今後の活動、山口処遇を含めどうするか、5人で自分たちで考えて、どうするかと話していた。でも憔悴しきっている山口の姿を見て、『そうかやめてくれ』と言えない自分たちがいた。

本文こちらへ


Sponsored Links


本文リンク

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう