新潟女児殺害事件 逮捕の決め手は特殊なナンバープレートだった


新潟市小2女児殺害 逮捕の決め手となった「黒い車」は、特殊なナンバープレートだった

*****

新潟市西区で小学2年の大桃珠生さん(7つ)が殺害された事件で、新潟県警はきのう14日(2018年5月)、現場近くに住む会社員小林遼(はるか)容疑者(23)を死体遺棄・損壊容疑で逮捕した。容疑を認めており、殺害もほのめかす供述をしているという。

昨日、新潟西警察署に移送された小林容疑者は、後部座席で目を伏せたまま。一見優男で、こんな犯罪をするようには見えなかった。近所の人やクラスメートの話では「おとなしくて目立たなかった」といい、異口同音に「信じられない」と言った。


Sponsored Links


小林容疑者は両親と兄弟3人で住んでいた
小林容疑者は両親と兄弟3人で住んでおり、近所付き合いは少なかったらしい。電気工事士をしているが、事件当日は休みを取っていたという。

殺害現場周辺の道路は、曲がりくねっていて、見通しは良くない。人通りも少なく、防犯カメラの類もない。一方、学区から踏切までの道路は交通量も多い。警察は、タクシーなどのドライブレコーダーの提供を求め、発生当時付近にいた車の特定に集中した。

その結果、軽自動車だが、特別仕様で白いナンバープレートが付いている(通常は黄色)小林容疑者の車が浮かんだ。住民や通過電車の運転士から得た「不審な黒い車」の目撃情報とも一致した。

しかし、


Sponsored Links


本文こちらへ

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう