名将のカペッロ氏が本田圭佑のCKを糾弾「純粋に無責任」


名将カペッロ、3失点目に繋がった本田圭佑のCKを糾弾「首根っこ掴んで怒りたい」【ロシアW杯】

*****************

日本 2-3 ベルギー ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦】

 日本代表は現地時間2日、ロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦し2-3で敗れた。

 後半開始直後に原口元気のゴールで先制に成功した日本は、
52分にも乾貴士がゴールを奪って一時は2点リードを手にした。

しかし、


Sponsored Links


69分にヤン・フェルトンゲンのヘディングシュートで1点差に詰め寄られると、
74分にはマルアン・フェライニのゴールで追いつかれる。

 そして後半アディショナルタイムも終了直前の94分、
延長戦突入も覚悟した時間帯に起きた。

本田圭佑が蹴ったコーナーキックが直接GKティボ・クルトワにキャッチされ、
そこからカウンターを食らい、
最後はナセル・シャドリに決勝ゴールを決められた。

 劇的な幕切れのきっかけとなった本田のコーナーキックの判断に、
かつてミランやレアル・マドリー、

イングランド代表などを率いた名将ファビオ・カペッロ氏が異論を唱えている……


Sponsored Links


本文

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう