史上最低の「ダメ横綱」北尾光司氏の悪事と闘病 妻が人生初告白


史上最低の「ダメ横綱」北尾光司氏の悪事と闘病 妻が人生初告白

**********
2月に慢性腎不全で亡くなった史上最低の「ダメ横綱」双羽黒こと北尾光司氏
妻が28日放送の「爆報!THEフライデー」にテレビ初出演する
波乱に満ちた人生を明かすほか、病床での北尾氏の映像も公開される
**********

史上最低の「ダメ横綱」北尾光司氏が残した闘病の記録 妻がテレビ初出演、波乱の人生初告白

今年2月10日に慢性腎不全で亡くなった大相撲の第60代横綱・双羽黒の北尾光司氏(享年55)。

ズル休み休場、付け人への暴力、

親方との対立騒ぎなど数々のトラブルを起こし、
史上最低の「ダメ横綱」
と呼ばれた角界の異端児を34年間支え続けた妻・淑惠さんが、

28日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)でテレビ初出演する。


Sponsored Links


亡くなる前の十数年は表舞台に立つこともなく突然の死を迎えたが、
その波乱に満ちた人生が初めて明かされる。

 北尾氏は幼少期から恵まれた体格を持ち、
中学卒業後に鳴り物入りで名門・立浪部屋へ入門すると、
86年に22歳の若さで横綱に昇進。

のちの貴乃花、白鵬と並ぶスピード出世に、
周囲の期待は否応なしに高まった。

横綱昇進を機に、しこ名を双羽黒に改名したが、
昇進後の成績は振るわず在位8場所で優勝はゼロ。

稽古嫌いで、親方に怒られると実家に帰省するなどやりたい放題。
その後は立浪親方と衝突し、
24歳4カ月で横綱廃業へと追い込まれた。

詳細こちら


Sponsored Links


ソース:https://news.livedoor.com/article/detail/16684767/

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう