「霜降り明星」せいや、髪まで抜けたいじめ体験 人生を変えたコントの意味「僕は別に闘ってないんです」


お笑いコンビ「霜降り明星」のボケ担当、せいやさんは、
テレビではあまり見たことのない神妙な面持ちで語り出しました。

「そんなすぐ、いじめられてるって思いたないんですよ、人って」。

髪の毛が抜けてしまうほど追い詰められた高校時代。

そんな状況を救ってくれたのは、やっぱり「お笑い」でした。

でも、「笑い」でいじめをはね返したわけではないと言います。
「やっぱりね、逃げた方がいい。僕は別に闘ってないんです」。


Sponsored Links


今、つらい思いをしている10代に、
せいやさんが「一番伝えたいこと」を聞きました。
(朝日新聞記者・小野太郎)

早く人気者になりたくて
――高校1年のころ、
いじめに遭ったと聞きました。
どんな学校生活だったんですか

これ、あれですか。
僕の経験だけで終わらないですよね。
メッセージみたいなものもありますよね。

――はい。あとでお願いしようと思っています

じゃあ、
本当に伝えたいことを言うために、
まず、僕の経験だけで言いますよ。>>>


Sponsored Links


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000004-withnews-ent

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう