「ホワイト国」除外 第三国が異例の批判=ASEAN外相会議


日本が輸出管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」から
韓国を除外する政令改正を閣議決定した2日、
タイ・バンコクで開かれた東南アジア諸国連合

(ASEAN)プラス3(韓中日)外相会議は、
第三国が日本の決定を批判する異例の展開となった。

 この日の会議で、韓国の康京和(カン・ギョンファ)
外交部長官が日本の決定を深刻に憂慮していると遺憾を表明したのに対し、
日本の河野太郎外相は輸出規制強化は必須で合法的だと反論した。

 これに対し、康氏が「主要貿易パートナー間の緊張の高まりについて、
ASEAN各国の外相が先月31日に採択した共同声明で表明した憂慮に
全面的に共感する」と述べると、


Sponsored Links


河野氏は「ASEANの友人から輸出管理措置に対する不満は
聞いていない」とした上で、康氏が言及した不満の
根拠が何であるのか分からないと述べ、
日本の措置の脈絡を無視した詭弁(きべん)を並べた。

 河野氏のこのような発言を受け、
シンガポールのバラクリシュナン外相は
ホワイト国にASEAN加盟国が全く含まれていないと指摘し、

ホワイト国の数を減らすのではなく増やすべきだと主張した。
国際会議で特定の国が直接的に批判されるのは極めて異例だ。

>>>


Sponsored Links


出典:Yahoo.JP

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう