球審は叫んだ「前に打て!」カット打法はフェアじゃない


夏の高校野球が101回目を迎えた今年、
賛否が大きく分かれる議論がスタートした。

日本高校野球連盟が投手の投球数制限の
是非などについて意見を求めるため、
「投手の障害予防に関する有識者会議」を設置したのだ。

反対派から多く聞かれるのが、
「例えば投手の球数を1試合100球に制限したら、

相手の投球数を増やすため、
わざとファウルを打つ練習をする」という指摘だ。

 「明らかにスポーツマンシップにもとる作戦」
と語るアジア野球連盟審判長の小山克仁(57)には苦い記憶がある。

 2013年夏の甲子園大会で、
ファウル打ちの技術と選球眼を武器に活躍する選手がいた。


Sponsored Links


準々決勝では7球連続を含む15球をファウルにし、
1人で相手投手に41球も投げさせて4四球を選んだ。

 この試合で球審をしていたのが小山だった。

 過去にも同じようなことがあった。
1972年夏の甲子園大会に「ファウル打ちの名手」
と話題になっていた選手が出場した。

その選手が最初の打席で2球ファウルを打つと、
球審の郷司(ごうし)裕(ひろし)が
「もっとフォロースイングしないと、バントとみなす」と注意した。

>>>


Sponsored Links


本文:Yahoo.JP

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう