幹部「テレ朝はリーマンショック級の深刻な事態」広告収入が減少


視聴率が絶好調だというテレビ朝日の「苦境」を週刊現代が伝えている
広告収入が落ち「リーマンショック級の深刻な事態」だと同社営業部門の幹部
若い世代の視聴率が良いとは言えず、スポンサー獲得に繋がらないという

>>>

「ついに『ポツンと一軒家』が視聴率20%を突破した」
テレビ朝日が大々的にそう発表しても、なぜか業界関係者は冷ややかだ。
その理由が「視聴率」の内情を細かく分析することで見えてきた。

広告収入はなぜか減少
〈編成部から嬉しいお知らせです。昨日の『ポツンと一軒家』の
視聴率が20%を超え、ゴールデンで断トツのトップを獲得しました〉

東京・六本木のテレビ朝日本社では今年4月以降、午前10時になるとほぼ連日、
こんな景気のいいアナウンスが、番組名と数字を替えて館内に響き渡る。


Sponsored Links


テレ朝の視聴率(ビデオリサーチ社調べ、関東地区。以下同)は
ここ数年、朝のワイドショー『グッド!モーニング』『羽鳥慎一モーニングショー』
や人気ドラマ『相棒』『ドクターX~外科医・大門未知子~』、
バラエティ『ポツンと一軒家』などを起爆剤に絶好調。

開局60周年記念の連続スペシャルドラマ『白い巨塔』が
放映された5月第4週は6時から24時(全日)、19時から22時(ゴールデン)、
19時から23時(プライム)の3つの時間帯ですべて1位となり、日テレを抜いて
「視聴率週間三冠王」に。23時から翌1時までのプライム2を入れると
「週間四冠」となった。

「視聴率は伸びているのに、広告収入が落ちている。営業部門の人間は、『いま、テレ朝はリーマンショック級の深刻な事態に見舞われている』と認識しています」

詳細:本文へ >>>


Sponsored Links


出典:https://news.livedoor.com/article/detail/16916347/

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう