客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上やクレーム恐れ、泣き寝入りが多数


客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上やクレーム恐れ、泣き寝入りが多数

****************

「人の弱みに付け込む迷惑行為は航空法の中に入れるべきでしょう。泣き寝入りする方がおかしい。
本当に異常者が多くなりましたね。盗撮をCAが騒いだら周りの常識ある人間が制しますよきっと。
そうあるべきでしょう。」

「現場は対処の難しい問題だと思う。第三者が現場を押さえるなら良いが、当事者同士、ましてや乗客とCAとなると立証が難しくトラブルの元だろう。
対策としてスカートを辞めるべきだと思います。」

****************

客室乗務員の6割が、乗客から盗撮や無断撮影の被害を経験しているーー。航空関連企業の社員などでつくる産業別労働組合「航空連合」が発表した労働組合員へのアンケートで、こんな結果が出た。


Sponsored Links


「視線を感じて振り返ったら、男の人がビデオカメラでずっと撮影していた」、「スマホの画面を裏にして、CAのスカートの中を盗撮していた」、「後日ウェブにアップされていたことが発覚した」。

多くの客室乗務員が盗撮に悩まされていることが判明したが、サービスする側と客という関係性から、被害にあっても直接指摘しづらいという問題がある。

●盗撮に気づいても、「対処できず」が57%

アンケートは2019年4~6月、機内の迷惑行為などについて、6組合の組合員を対象に行い、1623人の客室乗務員から回答(回収率11.6%)を得た。

盗撮や無断撮影された経験が「ある」または「断定できないが、あると思う」と回答したのは、合わせて61.6%だった。「ある」と回答した359人のうち、「対処することができなかった」と答えた割合は57.7%にのぼり、盗撮に気づいても多くの客室乗務員が泣き寝入りしている実態が明らかになった。


Sponsored Links


「お客様が逆上する可能性を考えるとあきらめてしまう」、「会社に対するクレームに繋がるかもしれないと感じた」、「自分にも会社にも恨みを持たれるのではないかと恐怖を覚えた」、「見せて欲しいといった踏み入った声掛けに勇気がなかった」。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00010011-bengocom-soci

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう