日本公使呼び、説明要求=汚染水処理めぐり-韓国外務省


日本公使呼び、説明要求=汚染水処理めぐり-韓国外務省

****************

「韓国の十八番である「話題のすり替え」発動ですね。
対話を求めてますが、対話しようとしても論点をずらす相手と対話など成り立たないと思うのですが。」

「事故を起こしたことは事実であるが、その後の管理や農作物の線量測定では世界基準より遥かに高い水準の規制値で行なっています。
それが改めて周知されることでしょう。

因みに、東京都の放射線量よりも、現在のソウルの放射線量の方が高いという事実が有りますので、暇な方は調べてみるとよいですね。」


Sponsored Links


「両国で取り組む?と言うことは、関係継続ってことですね。
断る。」

****************

【ソウル時事】韓国外務省は19日、
日本大使館の西永知史公使を呼び、
東京電力福島第1原発から出る汚染水の処理方針や
放射性物質トリチウムを含む処理水の「海洋放出」に
関する事実確認と説明を求めたと発表した。

西永氏は日本政府の立場を説明し、
韓国政府の立場を本国に報告すると伝えた。

発表によると、権世重・気候環境科学外交局長が西永氏に口述書を手渡した。
口述書では「汚染水の処理結果が両国国民の健康と安全、
海でつながった国全体に及ぼす影響を非常に厳しく認識している」と表明。


Sponsored Links


海洋放出をめぐり、日本政府の「公式的な回答」を求めたほか、
周辺の海の生態系に影響を及ぼさないよう日韓両国で取り組むことを提案した
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000047-jij-kr

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう