N国・立花代表が高須院長と舌戦 マツコ以外を相手にしないのは「数字がないから」


N国・立花代表が高須院長と舌戦 マツコ以外を相手にしないのは「数字がないから」

>>>>>>>>>ネットの声*****

「太田さんは別にして東国原さんが数字持ってないのは高須院長も同意してたな。」
「目的の為なら手段を選ばない。
 当然賛否はあるでしょう。
 個人的には、節度のない人間は嫌い。」
「合理的な理由なんて、N国にだってないと思うけどな。
 太田批判しないのはファンというか、連携を模索する橋下氏の所属事務所トップだから。
 自己都合的な合理性でしか物事を考えてない。
 じゃなきゃ、公共の概念がないか、ドコかおかしい。」

****************

高須クリニックの高須克弥院長(74)と、
NHKから国民を守る党(N国)
代表の立花孝志参院議員(52)が
24日午後、ニコニコ生放送で討論した。


Sponsored Links


マツコ・デラックス(46)が生出演中のTOKYO MX「5時に夢中!」
のスタジオ付近で、立花氏が抗議活動を繰り広げていることに対し、
高須氏はマツコへの「営業妨害」と非難。ツイッターで批判すると、
立花氏からブロックされたため、メディアでの討論を呼び掛けて実現した。

 白いシャツに白いジャケットを羽織った高須院長に対して、
立花議員はダークスーツ姿。高須氏のツイートを
一時ブロックしたことについては
「変なことを言っているなって人はブロックしているだけ」と説明。

N国に投票した有権者に対して、「5時に夢中!」で
「ふざけて入れた人も相当いると思う」と述べたマツコに対しても、
「合理的な理由がないのに、
一個人の意見を公共の電波を使って言っている」と重ねて抗議。

「今回は有権者がバカにされている。公共の電波を使って。
政治家としてバカにされた有権者の先頭に立っている」と立場を主張した。

>>>>


Sponsored Links


出典:YahooJP

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう