「報ステ」チーフPセクハラ懲戒処分問題 被害者アナ実名報道で波紋広がる


****************
「報ステ」チーフPセクハラ懲戒処分問題 被害者アナ実名報道で波紋広がる
***>>>

テレビ朝日系の看板報道番組「報道ステーション」の
チーフプロデューサー(CP)で、40代の既婚者、
A氏がセクハラで懲戒処分を受け、

異動が決まった本紙昨報の問題で、
5日発売の週刊文春、週刊新潮がセクハラの被害者として
同局女子アナの実名などを詳報し、波紋が広がっている。

騒動は、A氏についてテレ朝の懲罰委員会が8月30日付で
「社員としてふさわしくない行為があったことにより、

就業規則に基づき、社員1人に謹慎の懲戒処分を行った」
と発表し、CP更迭、3日間の謹慎、
異動が決まったというもの。


Sponsored Links


本紙はこの原因が、
番組トップの権限を悪用したA氏が、
計10人以上の女子アナや女性スタッフに対し

「体を触るわ、キスするわ、送った女性の自宅に無理やり入り込もうとしたりしていた」
(同局関係者)
という悪質なセクハラをしていたことを報じていた。

文春と新潮は、このセクハラを受けた被害者の一人として、
同局アナで報ステのフィールドキャスターの
森葉子アナ(33)の実名を報じた。

今年5月、A氏と森アナは2人で焼き鳥店で飲食後、
A氏は森アナの自宅まで送った際にキスし、
室内に入ろうとしたという。

』』』』


Sponsored Links


出典:***

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう