「本質を安倍政権は見誤った。外交の失敗だ」「河野外務大臣は礼を失した」韓国のGSOMIA破棄で立憲民主党・小西洋之議員


****************
「本質を安倍政権は見誤った。外交の失敗だ」「河野外務大臣は礼を失した」韓国のGSOMIA破棄で立憲民主党・小西洋之議員

**ネットの声**

「これは日本の外交の失敗ではなく、二国間通商問題を地域の安全保障問題まで拡大させた韓国の外交の失敗です。

そもそもこの問題は「半導体原料の輸出優遇措置の撤廃」という中立的な行政措置でした。優遇の理由は日韓が頻繁に情報を交換し、信頼関係に基づていたから。ところが3年前から、韓国側が情報交換に応じなくなった。そこに問題の原因があります。

さらにこの問題が発生してから韓国の通商担当者が来日しましたが、3年間のブランクゆえか、この件についてほとんど知見がなく、日本側から説明しなくてはならなかったために5時間も費やされました。

韓国大使の説明も通商担当者と似たもので、問題を解決しようという次元ではなく、先延ばしにしてうやむやにしようとしている。だから河野外相が「無礼だ」と言ったわけです。

なお日韓GSOMIAを破棄しても、米韓軍事同盟は存続。韓国は中国に行けませんし、その気もありません。」


Sponsored Links


****************

韓国による日韓GSOMIAの破棄表明から10日あまり。
先月29日、文在寅大統領は「日本は正直でなければならない。

日本は経済報復の理由すら正直には明らかにしていない。
過去の過ちを、認定も反省もしない、
歴史を歪曲する日本政府の態度が被害者の傷と痛みをこじらせている」と話した。

また、先週末には、韓国の国会議員団が竹島に上陸。
菅義偉官房長官は「竹島は歴史的事実や国際法上も
明らかに日本国有の領土であることに照らし、
到底受け入れることはできない」と述べた。

一方、日韓議員連盟幹事長を務める河村建夫元官房長官は
ソウルで李洛淵首相と会談後、「GSOMIAとホワイトリスト、
セットで一緒に元へ戻すということはどうだろうか、
というのは話し合った。スタートは元徴用工問題だから、
これはこれで検討しなければならない(と応じた)」
と明かした。

***>>>


Sponsored Links


出典:***

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう