文在寅政権のブレーンが韓国の核武装に言及「米韓同盟は不要に」


****************
文在寅政権のブレーンが韓国の核武装に言及「米韓同盟は不要に」
****************

韓国の文在寅政権のブレーンにあたる文正仁氏の発言を露メディアが報じた
韓国が核兵器を保有すれば、米韓同盟の必要性はなくなるだろうと語ったそう
米国側が日韓に核製造を許すなら、地域での米国の影響は弱まるだろう、とも

****************

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権のブレーンにあたる人物が、韓国と北朝鮮が10~15年の間に欧州連合(EU)のような経済連合を組むことが可能だとの見方を示した。文在寅氏は2045年までに南北統一を達成したい考えで、その具体的な道筋に踏み込んだ形だ。

南北の「経済連合」ができるまでには北朝鮮に対する制裁緩和が必要だとの考えで、米韓同盟については、韓国が核兵器を保有すれば「必要性はなくなるだろう」と述べた。発言をしたのは文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官。ロシアのタス通信が2019年9月8日、この日北京で行われたインタビューでの発言として報じた。


Sponsored Links


「北朝鮮に対する国際的な経済制裁(の緩和)も考慮されるべき」
タスの記事によると、文正仁氏は、

「民族統一には長い時間がかかる。というのも北朝鮮は本質的に(韓国とは)異なっており、さらに(北朝鮮との相互関係において)米中との複雑な状況がある。統一は一筋縄ではいかない。近い将来それを成し遂げるためには調和が必要だ」
などとして、南北の体制のギャップを埋めるには時間がかかるとしながらも、EUをモデルにした「経済連合」は10~15年で可能だとした。

「同時に、北朝鮮に対する国際的な経済制裁(の緩和)も考慮されるべきである。北朝鮮は中国のように時間とともに変化しており、 欧州連合のような経済連合を作ることも可能だ。そして、それは今後10~15年の間に実現可能だ」
まずは「ふたつの政治システムとふたつの独立政府を保持」
文在寅氏は、日本による朝鮮半島統治からの解放を祝う2019年8月15日の「光復節」の式典で、2022年まである任期中に

詳細本文へ ***>>>>


Sponsored Links


出典:*****

Please follow and like us:

お役に立ったら「いいね」ご応援下さい
   

この記事を友達に「シェア」しよう